その他

  1. ホーム
  2. 一覧

その他

植芝 盛平(うえしば もりへい)

合気道開祖・植芝 盛平は、明治16年に和歌山県田辺市で生を受け、剣術や柔術等いろいろな武術を修業され、昭和初期に近代武道として合気道を創始されました。昭和19年から20年にかけて笠間市(旧 岩間町)吉岡に合気神社と茨城支部道場を創建しました。「真の武の道は武農一如、己の心・肉体とそれらを結ぶ気を、宇宙万有の活動と調和させる鍛錬にこそ原点である」とのかねてよりの信念に従い、妻はつと共に東京よりこの地に移住しました。そして、ここで合気道を完成させました。現在、合気道の聖地といわれています。

スマートフォン用ページで見る