その他

  1. ホーム
  2. 一覧

その他

小野 友五郎(おの ともごろう)

笠間藩士の五男として誕生した小野 友五郎は、そのたぐいまれな算術(和算)の才能を買われ、24歳の時に、幕府から江戸屋敷勤務を命じられました。当時、笠間藩でも下級クラスの武士が幕府に仕えることは極めてまれで、小野の能力の高さを物語っています。幕府では、暦作りのための測量に力を発揮し、万延元年(1860年)には、勝 海舟とともに「咸臨丸」に乗り込み、アメリカへの渡航を果たします。帰国後も数々の業績を残し、勘定奉行にまで出世しました。

スマートフォン用ページで見る